ダイバーシティ推進活動

ダイバーシティ&インクルージョンとは、「多様性を受け入れ、活かす」という意味です。性別や人種、宗教、文化、年齢などをはじめ、様々な違いをもった素晴らしい人材がいること、そして、その違いを個性として受け入れ、活かすことで、組織を活性化し、企業としての成長につなげていく、という考え方です。

NPO法人から賞を受けるなど、高い実績

ノバルティス ファーマはダイバーシティ&インクルージョンの実現を極めて重要な経営施策と考えています。大手出版社やNPO法人に高く評価されています。

ダイバーシティ&インクルージョン活動の内容

ノバルティスのダイバーシティ&インクルージョンのビジョンは「多様な個性を受け入れ、十分に能力を発揮できる風土を醸成することでイノベーションを促し、患者さんのクオリティオブライフに貢献すること」です。革新的な新薬で世界中の人々のいのちと健康に貢献するためには、さまざまな患者さんのニーズを理解し、新薬の開発や製造、販売に生かしていくことが大変重要なのです。

日本は今、グローバルとの共同治験や、かつてないスピードでの新薬上市など、大きなチャレンジに直面しています。この変化のスピードは今後加速することはあっても、減速することはないでしょう。これらの課題を解決するカギは、過去の経験や今迄の考え方、人脈の中にではなく新しい知識・スキル、新しい人脈の中にあります。多様な人材が切磋琢磨し、協働することではじめて、新たな価値や活力を創造することができるのです。

具体的な活動

ページの先頭へ戻る