透明性ガイドライン

  • 医療機関等との関係
  • 患者団体との関係

医療機関等との関係における透明性ガイドライン

ノバルティス ファーマは、新薬の研究開発と安定的な供給を通し、「人々のいのちと健康に貢献する」ことを企業目的としています。

患者さんや医療ニーズに応える新薬の創出には、大学等の研究機関・医療機関等との連携協力が不可欠になってきています。開発段階の臨床試験はもちろんのこと、医薬品の適正使用を促進するため、発売後の情報提供・収集、安全対策などの活動における、産官学の連携推進は、日本の医療の向上に貢献できる重要な取り組みと考えています。一方、この連携活動の中では、医療機関・医療関係者へ対価として金銭等の支払いが生じる場合もあり、活動にあたっては高い倫理性が求められ、患者さんおよび社会からの信頼を獲得するために、透明性をより高めることが必須であると認識しています。

ノバルティス ファーマでは、今般、日本製薬工業協会「企業活動と医療機関等の関係の透明性ガイドライン」(2011年1月19日策定)に準拠した「ノバルティス ファーマと医療機関等との関係における透明性ガイドライン」を制定いたしました。このガイドラインに従い、医療機関・医療関係者との連携活動にともなう資金提供等の情報を、2013年度よりその前年度分を弊社ウェブサイト等にて公開いたします。

ノバルティス ファーマは、医療機関・医療関係者の皆さまにご理解をいただき、革新的な新薬をできるだけ早く患者さんに届け、また医薬品の適正使用を推進していくことが、日本の医療に貢献できると考えており、今後もより一層、透明性を確保した企業活動を行っていきます。

関連リンク

日本製薬工業協会

EFPIA Japan(欧州製薬団体連合会)

ページの先頭へ戻る