いわき生徒会長サミット
スイス・スカラーシップ・プログラム

ジュネーブの中学校での交流

ジュネーブの中学校での交流

ノバルティススイス本社訪問

ノバルティススイス本社訪問

若いころに国際交流の機会を持つことでグローバルな視点を養い、未来を担う人材を育てることを目的とした「いわき生徒会長サミット スイス・スカラーシップ・プログラム」。ノバルティス ファーマ株式会社は、2011年より実施しているノバルティス東北復興プロジェクト、およびノバルティス課外授業プロジェクトの一環として、本プログラムをスポンサーとしてサポートしています。

このプログラムは、日本・スイス国交樹立150周年記念事業に登録されており、2014年10月13日~19日、中学生8名がスイスを訪問し、現地中学生との交流やノバルティス・バーゼル本社を訪問し、震災時の経験や福島の現状、未来へのメッセージをフランス語と英語で伝えました。

【主催】 NPO法人 キーパーソン21
【後援】 いわき市教育委員会・スイス大使館・ノバルティス ファーマ株式会社

【訪問スケジュール】

2014年
10月13日 羽田発 ロンドン経由ジュネーブへ
10月14-15日 ジュネーブ(国連、国際赤十字博物館など訪問、地元ジュネーブの中学校にてスイス人中学生73名と交流)
10月16-17日 バーゼル(ノバルティス本社訪問、他)
10月18日 バーゼル発 ロンドン経由日本へ
10月19日 羽田着

ノバルティスは将来を担う世代を応援する活動を今後もすすめていきます。

ページの先頭へ戻る