被災地支援の取り組み

社員による活動

東日本大震災 復興ボランティア

東日本大震災 復興ボランティア

震災直後の様々な支援だけでなく、毎月1回、有志社員による ボランティア活動が継続的に行われています。

宮城県南三陸町では、復興のためのボランティアセンターが役割を 終え閉鎖になる2015年3月まで、47回活動を行い、参加者は延べ 951人となりました。

現在、福島県南相馬市で活動を継続しています。

おらほの第九気仙沼コンサート

おらほの第九気仙沼コンサート

2014年12月23日、約140名の市民合唱団による「おらほの第九気仙沼」が気仙沼市民会館で開催されました。

本コンサートを通して、復興に向け努力をしている皆さんの心をつなぎ、世代を超えて皆さんが未来の気仙沼を思い描けるようになることを願って共催社として支援しました。

広島土砂災害に対する支援

広島土砂災害に対する支援

被災者救済や被災地復興に役立てていただくため、社員からの募金に会社が同額を拠出するマッチングギフト制度により、1,000名以上の社員から寄せられた募金4,471,000円に同額を会社も拠出。合計8,942,000円を広島市「広島市8・20豪雨災害義援金」に2014年9月30日に寄付しました。

また、現地の有志社員によるボランティア活動も実施しました。

ページの先頭へ戻る