ダイバーシティ&インクルージョン

社員一人ひとりの多様性がノバルティスの強みです。

ダイバーシティ&インクルージョンは、異なる人々や視点を受け入れ、組織に生かすことを意味します。すなわち、社員一人ひとりが尊重され、互いの意見に耳を傾けられていると感じられる風土を醸成することです。

違いがあることで、私たちは強くなります。

多様な視点があるからこそ、物事に対して今までにないアプローチができます。そうすることで、イノベーションを創出でき、患者さんや顧客への理解を深めることが可能になります。ダイバーシティ&インクルージョンを私たちのすべての活動に組み込むことは、画期的な医薬品の発見や開発に有用です。
私たちは、性別や人種、考え方、宗教、性的指向、年齢、教育、国籍、経験など、あらゆる多様性を認めて、活かす企業風土の醸成を目指しています。

健康経営に向けた取り組み

ノバルティス ファーマでは、社員の健康を経営的な視点で考え、健康経営を戦略的に実践しています。また、健康保険組合と健康相談室、人事、その他の関係部署が連携し、さまざまな取り組みに関する進捗状況や課題を共有し、常に改善を図っています。詳細はこちらをご覧ください。

 

最長14週間のペアレンタル・リーブ制度の導入

ノバルティス ファーマは2020年1月、男性社員の育児を支援しようと最長14週間の報酬日額相当が支給されるペアレンタル・リーブ制度を導入しました。これはノバルティスがグローバルで推進している取り組みで、出産・育児に関わる休暇・休職制度については、画期的ともいえる制度体系です。詳細はこちらをご覧ください。

D&Iコミットメント

インクルーシブな風土醸成

ライフ・ワークインテグレーション
(仕事と生活の相乗効果)

LGBTへの取り組み

子育てと仕事の両立支援への取り組み

女性の活躍推進への取り組み

外部からの評価(アワード)について

イクボス企業同盟への参画

 

 

ノバルティス(本社:スイス)はグローバル規模で積極的にD&Iに取り組んでいます。グローバルカンパニーとして、より充実した、すこやかな毎日を患者さんや顧客に届けるために大事にしているD&Iの考え方を紹介します。