CAR-T細胞療法

CAR-T細胞療法は、患者さん自身の細胞を用いて、がんと闘う高度に個別化された治療法です。

がんと免疫の関係

私たちの周りには、細菌やウイルスなどの病原体が無数に存在しており、体の中に侵入してきます。また、体の中では、さまざまな部位でがんのもとになる異常細胞が発生することもあります。私たちの体は、病原体やがん細胞など、本来、体の中にあるべきでないものを見つけると、攻撃して排除するという免疫の働きによって守られています。
顆粒球、リンパ球、単球などの白血球が、免疫機能の中心的な役割を果たし、リンパ球には、T細胞、B細胞などの種類があります。このうちT細胞は、樹状細胞など他の血球の協力によりがん細胞を見つけて、攻撃をしかけます。
しかし、がん細胞の中には、免疫のしくみから逃れる術をもっているものもあり、完全に死滅させることができない場合、がんを発症すると考えられます。

 

CAR-T細胞療法とは

CAR-T細胞療法は、通常の免疫機能だけでは完全に死滅させることが難しい難治性のがんに対する治療法として開発されました。患者さん自身のT細胞を取り出し、遺伝子医療の技術を用いてCAR(キメラ抗原受容体)と呼ばれる特殊なたんぱく質を作り出すことができるよう、T細胞を改変します。CARは、がん細胞などの表面に発現する特定の抗原を認識し、攻撃するように設計されており、CARを作り出すことができるようになったT細胞をCAR-T細胞と呼びます。このCAR-T細胞を患者さんに投与することにより、難治性のがんを治療するのがCAR-T療法です。

CAR-T細胞療法のプロセス

CAR-T細胞療法は高度に個別化された治療法です。次のようなプロセスを、患者さんごとに行います。

  1. 患者さんの細胞の採取
    患者さんからT細胞を採取します。採取された患者さんのT細胞は、CAR-T細胞の製造施設に送られます。
  2. T細胞の改変
    製造施設では、特定の抗原を発現するがん細胞を認識し攻撃するよう、患者さんのT細胞を改変します。
  3. 細胞の増殖
    改変されたT細胞(CAR-T細胞)は、特定のがんと闘うのに十分な数まで増やされます。
  4. 品質検査
    CAR-T細胞は、厳しい品質検査を経て、最終製品として患者さんの治療施設に送られます。
  5. リンパ球除去化学療法
    患者さんの白血球レベルを下げることで、体がCAR-T細胞を受け入れやすくするために、リンパ球除去化学療法を行います。
  6. CAR-T細胞の投与
    CAR-T細胞を患者さんの血液に戻します。CAR-T細胞の投与は1回のみの治療で行われます。
  7. がん細胞を攻撃
    CAR-T細胞は、患者さんの体内で特定の抗原を発現するがん細胞に付着して、攻撃をしかけます。