進行性乳がん患者さんと医師間のコミュニケーション、治療に関する対話に大きな隔たりがあることが浮き彫りに