ノバルティスの実臨床下における前向き観察研究から、慢性蕁麻疹(じんましん)患者さんの約半数は疾患に伴う負担が顕著であるにもかかわらず、全く治療を受けていないことが示される