ノバルティスのbrolucizumab(RTH258)、主要な失明原因であるnAMDにおいて、主要な副次評価項目である疾患活動性に関してアフリベルセプトに比べ有用性を示す