ノバルティスのbrolucizumab(RTH258)、新たな第III相臨床試験の解析結果から、nAMDにおける疾患活動性の主要マーカーである網膜滲出液の優れた減少効果を再確認