ノバルティス、シポニモドフマル酸が二次性進行型多発性硬化症患者に対し、5年間までの障害進行抑制を示す新たなデータを発表